神様がくれた休日~真話か偽話か空耳か~

フィクションともノンフィクションともつかない一人話を 時には まじない交え思いつくままツラツラと・・

スポンサーサイト

Posted by 空耳ロバ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆樹木は夜,呼吸する◆

Posted by 空耳ロバ on

いつからだろう、こんなに夜が好きになったのは・・・

子供の頃、夜が怖かった。
トイレに行きたくて夜中に目が覚めても、怖くて一人でトイレに行かれなかった。
「草木も眠る丑三つ時」なんて聞いただけでも怖いことを想像していた。

いつからだろう、夜中に一人でトイレに行かれるようになったのは・・
いつからだろう、夜が怖くなくなったのは・・・


「そもそも樹って眠るの?草や葉は眠る気がするけど、樹木も丑三つ時に寝てるってホントかな?
行って見よう!」

木箱を抱え早速、外出準備にとりかかった。
・・・が、、、
この木箱は思い出木箱だ。
私と神様以外の誰にも見えない。
コンビニに行く振りでもしなければこんな夜更けに手ぶらはバツが悪い。
幸いにもいつも木陰を借りる大きな木はコンビニに行く途中にある。
財布の入ったポシェットを斜めに提げて外に出た。

夜間の公園は街頭が灯り、その街頭にライトアップされた樹木は昼間とは異なる顔を見せていた。
時々吹く風にサワサワと小枝が葉を揺らし万緑が香る。
そんな枝々を見上げながら「今にも話しかけてきそうだな。」と私は話しかけてくるその時を期待しつつ歩いていた。

ドンッ!
地正面から浮き出た根につまづき転んだ。

『あ痛ッ!気をつけてくれないと・・私は動けないのだから』

「ごめんなさい」

『おっ! 日照り続きの時にいつもバケツで水をくれる人だね 』

「暑くて咽喉カラカラじゃないかと思って。」

『このままじゃ熱中症で倒れてしまうかと思うほどの暑さ続きの上に、
モテルようになるまじないだとかで、樹の皮を剥いで行く者がいるから、暑くてしょうがなかったよ。
皮を向いてもいいのは松ノ木や白樺だって言うのに・・・
だから、毎晩飲める水が楽しみだったよ。』


*異性にもてる、縁をつけるまじない
「ジシンジルカァ」という呪文を唱えながら木の皮を少し頂きます。
その皮を5つか6つに小さく切り、いつも使用しているハンカチ(出来れば白)に包み、枕の下に敷いて寝る。
そして眠る時にも「ジシンジルカァ」という呪文を唱え、普段は携帯する。
これを毎晩繰り返すと、そのうち縁のある方と巡り会える・・・もてるようになる・・かも~??
(実践はまだしていないので効果の程は不明ですが、自念をもって行えば効果があるかもしれません)



「ところで、樹木は夜、寝るの?」

『ふっふ・・・さぁ、それはどうかな・・
いつも水をくれるお礼に特別に招待しよう・・』


私がつまづいた樹の根は少し冷んやりとしていた。



------------------なんだかイマイチ-----すみません、次回へづづくです------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。