神様がくれた休日~真話か偽話か空耳か~

フィクションともノンフィクションともつかない一人話を 時には まじない交え思いつくままツラツラと・・

スポンサーサイト

Posted by 空耳ロバ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆幻舞1

Posted by 空耳ロバ on

秋風が爽やかに感じる、よく晴れた初秋の日曜日、久しぶりに古都の町を訪ねた。

落ち着いた風情のある神社仏閣は、厳かな近寄りがたい静けさと香の豊かな香りが妙に落ち着き、心が癒される。

「最後にあそこへお参りをして帰ることにしよう。」

“あそこ”とは、行ってみようと思いつつ、いつも時間がなく寄ることの出来ない、美しい癒しの伝説空間と言われているあの場所だ。
万が一迷った時のための用心にと地図を片手に、癒しの伝説空間へ足を運んだ。

裏通りを来たせいかすれ違う人もいない石畳の細い道は、一段と古都の風情を楽しませてくれる。

確かこの辺なはずなんだけどな・・・・

石畳の細い道は樹の多い茂った森の中へ続いていた。

ヒトーン・・・ヒトーン・・・
張り詰めた滴の音が反響している。

私はその張り詰めた音に誘われるように細い道を奥へ奥へと入っていった。
細い道が途切れたその先には喩えようのない妖艶な癒し空間が広がっていた。

        002762_convert_20120928115741s_20121220190221.jpg


「わあ!マイナスイオンたっぷり!!」

苔むした石に深い緑色の草、大きな樹から差し込む木漏れ日が、少し湿度のあるその石や草を照らし妖艶に光らせている。

木々の間から零れる光は、水面を通し差し込んでいるかのように見える。
草は、左右に緩やかにふわふわとその動きを水の中で任せているようにも見える。

「綺麗だけど、なんか・・変・・水中みたい。」

遠くで滝の流れる音が聞こえるが、私はこの癒し空間になぜか踏み込むことが出来ず、先に勧めないまま、その場に立ち止まり妖艶な光景を眺めていた。

笛と鼓の音であろうか・・・
その音は、遠くから静かに近くへと移動してきた。

私は身を隠すようにして樹の陰から様子を窺った。
「アッ・・何かいる。」

                  闊橸シ胆convert_20120928220616

                  闊橸シ狙convert_20120928220530

                  闊橸シ点convert_20120928220438

いつのまにか、光の差し込む中央に娘がいる。
そして木漏れ日がまるでスポットライトのように娘の舞を照らし出している。

             025359_convert_20120928220704s_20121220190223.jpg

私は美しき娘の舞にしばし見とれていた。

『そこの者・・』

?へッ?わたし?
「は、はい。」

『どうなされました?しっかりなさいませ・・お気を確かに。』

?私ではないらしい・・・と言うより私の声は娘には聞こえていないようだ。
では誰に?

「ん・ん・ん・無念じゃ。。。」

娘の舞うその脇には一人の武士が倒れていた。


------------------ちょっと短めですが、つづき・・・また明日です-----------------


30日は中秋の名月を迎える週末、台風の被害が出ませんように・・・
各地でよいお月様が顔を出してくれますように・・・
素敵な週末となりますように・・・








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。