神様がくれた休日~真話か偽話か空耳か~

フィクションともノンフィクションともつかない一人話を 時には まじない交え思いつくままツラツラと・・

スポンサーサイト

Posted by 空耳ロバ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆Keep out ~まやかしⅡ~1話

Posted by 空耳ロバ on   2 comments   0 trackback

--------- この物語は「まやかし」の続編 「keep out ~まやかし~Ⅱ」です--------------

             まやかし


高橋の父親が経営する会社が倒産し、セレブと言われ続けた高橋は一文無しになり、結婚したばかりの妻、多賀子と共にゼロからの出発を決意した高橋であったが、その後の二人の行方はわからないままだった。

久留美は会社に住み着く野良猫「ヒョウ」を連れ会社を退職し、4年後、夢であった弁護士となり、念願の事務所を構えた。

「ンナァーン・・ただいま。」

『あらやだ!その格好で出かけてたの?』

「まさか!
外ではちゃんと人間に変わったよ。第一、ネコがエレベーターに乗ってたらおかしいでしょ。
調べてきたよ、あの会社。
やっぱりセクハラはあったみたいだね。それだけじゃない、パワハラで体調崩して辞めた人も何人かいるよ。」

『そう・・やっぱり・・ありがとう、兵藤さん。』

「それより、お腹空いたよ。あれ、買ってきてくれた?」

『買ってきたわよ、はい、最上級のネコ缶。』

「ンナァーン・・」

野良猫だったヒョウは、今や久留美のかけがえのないパートナーとなっていた。
弁護士としてはまだまだ未熟な久留美ではあったが、心強いパートナー「ヒョウ」の助けを借り、なんとか平穏無事に充実した日々を送っていた。
そんな折、思わぬ依頼人が尋ねて来た。
その依頼人を見た久留美は思わず声を上げた。

『あっ!!!!!!』

「お久しぶりぃ~、いい事務所じゃない。」

『多賀子さん・・』

一文無しとなった高橋とゼロからの出発をした4年ぶりに再会する多賀子は、高価なブランドバッグを手に、益々華やかさを増し、ゼロからの出発は成功を収めていたようだった。


『エー!!!・・・不倫???高橋さんが!!!!!!
そんな人には見えなかったけど、わからないものですね。』

「高橋って誰よ?
誰のこと言ってるのかわからないわぁ。
これ、よく見て。
私の名前は“高見丹多賀子”ってなってるでしょ。」
こういいながら多賀子は離婚届を差し出した。

『“タカミニタガコ”・・さん?ご主人は“タカミニノボル”さん?』

「違うわ!
私は たかみに・たがこ で、夫は たかみに・のぼる イントネーション間違わないでね。
タカミニノボルとタガコ じゃ、名前からして高慢な感じに聞こえるでしょ。
いい?たかみにの“か”は発音を下げ・・」

『ああ、はい。わかりました。気をつけます。
それで、ご主人は不倫、つまり浮気をなさっていて、多賀子さんからの離婚にはすんなり応じたものの、慰謝料には応じなかったため、訴訟をしたい。
そういうことですよね?』

「ええ、そう。
それと、愛人にも慰謝料の請求できるわよね。お願いね。」

『それは出来ますが・・・
婚姻3年半・・・?
3年半って、高橋さんとはすぐに離婚されたの?』

「あったりまえじゃない!あんな男!
新婚旅行先に倒産の連絡が入って、成田に戻ってすぐに離婚したわ。
おまけにあの馬鹿男、スーツケースやアタッシュケースに名前を書いてあるものだから
新婚旅行先でも空港で「高橋さん」なんて呼ばれて、迎えを装って近づいてきた外国人に
まんまとスーツケースごと盗まれるし、届け出た警察では、麻薬所持で逮捕され取調べを受けていた男が
高橋のアタッシュケースに貼ってある名前を見て「タカハシ」と言う男に預けたなんて大嘘つくものだから私まで長時間足止めされて、とんだ目に遭ったわよ!
挙句に『そー言えば千鶴子が昔、アタッシュケースに名前書いてると覚えられて危ないわよって言ってたなぁ~』
だって!
ふざけてるでしょ!!!

やっとの思いで帰国をすれば、会社は倒産。
離婚したって文無しだから慰謝料も取れなくて酷い目に合ったわ!
セレブだの大金持ちだのって、まったくとんだ“まやかし”だったわよ。
こんなことになるなら千鶴子さんの調査なんてするんじゃなかった。
調査費用無駄にしちゃったわ。」

『調査?千鶴子さんの身元調査したんですか?』

「そうよ。高橋と千鶴子さんが付き合ってた時にね。
知ってた?
今だから言うけど、千鶴子さんって、実はあの北白河グループの一人娘で大金持ちの令嬢だったって?
それに引き換え、一流企業とは言え、サラリーマンの娘の私じゃ勝ち目はないじゃない。
だって、ほら、あいつ、ステイタス好きじゃない。
だから勿論、高橋には内緒にしておいたわ。
ところが、その後、千鶴子さんは心筋梗塞で亡なるし、高橋は文無しになっちゃうし・・ついてないわ、私・・・
で、お見合いパーティーで今の夫と知り合って結婚したのよ。
ねぇ、この慰謝料取れるわよね?」

『ん・・・でもこの金額はどうかな?
ご主人に1億、愛人に5000万って、多すぎないですか?
たとえ浮気が原因だとしても、婚姻期間も短いし、愛人にしても5000万は・・・』

「なによ!出来ないの?
夫は開業医よ。このくらい、私の受けた屈辱に比べたら安いもんよ。
愛人だって、こんなことがなければ私達は円満にいってたんだから当然よ!
それに証拠だってこんなに揃ってるのよ、勝ったも同然だわ。
それとも、もしかして・・離婚訴訟初めてなの?
やったことないんでしょ。」

私は多賀子の言葉にカチンと来た。
離婚訴訟は初めてだった。
だが、ここで初めてだと言えば、多賀子のことだ。
吹聴し、馬鹿にするに違いない。
確かに愛人との証拠写真もこれだけ揃っている。大丈夫だ。
『とんでもない、離婚訴訟はこの数年凄く多いのよ。
1年に何十回こなしてるかわからないわ。』

「じゃあ、お願いするわ。
ところで、久留美さん、弁護料負けてくれない?」

『・・・・』
4年過ぎてもやはり多賀子は変わっていなかった。

『多賀子さん、変わってないですねぇ。』
私はイヤミたっぷりに皮肉った。

多賀子は言った。
「うふふふ・・・
そうでもないのよぉ~。最近はこの辺りにお肉が付いちゃって・・
脂肪溶解注射でも受けようかと思っているところよ。
だから、そのためにも、ねっ!お願いよぉー・」

『・・・そういうつもりじゃ・・』
どうやら多賀子には私の皮肉は通じなかったらしい。

それよりもどうしようか、なんて答えようか・・・
この手の訴訟は調停に回ることが多いし、離婚訴訟は着手金と成功報酬込みで20万~50万としている先生方が多い。
労力の割には合わない仕事だ。
それにこの請求額では、当然、裁判所は満額認めないだろう。
でも、愛人に対して民事訴訟に持っていけば別件となり、着手金と成功報酬が貰える。
即座に損得勘定が働いた。

『請求額は私に任せてくれるなら、受けてもいいわ。
ただし、愛人への慰謝料請求の着手金と成功報酬は別途、頂くわ。これでよければ。』

「いいわ。
やっぱり久留美さんところへ来てよかったわぁ。分割でいい?」


はぁ・・やっかいな人の依頼を受けてしまったわ。
それでなくても離婚訴訟なんてお金にならないのに、その着手金すら負けてくれなんて・・その上分割だなんて・・・
いくら浮気の証拠が揃っているから勝てるとは言え、多賀子さん、お金持ってなさそうだし、やっぱり断っちゃおうかしら・・

「ンナァーン・・久留美さん、心の眼、閉じかかってますよ。」

『ヒョウ・・・そうね、仕事は自分のためにするものだったわ。
わかったわ。精一杯やるわね。ありがとうヒョウ。』

私は少し厄介ではあったが、多賀子の依頼を受けることにした。

数日後、多賀子のご主人への慰謝料請求額を1000万、愛人への請求額を300万に減額し、それぞれに訴状を提出した。


----------------- ひとまず つ づ く デス ------ mataatode -------------


Comment

ariごろう says..."はじめまして"
こんばんは~。
いつも楽しく拝見させていただいております。
お話、本当に面白いです。

不思議で、ついつい引き込まれて続きを読むのが楽しみなんですよ~w

今回は「兵藤さん」賢くミステリアスなにゃんこの登場も興味深いですね。
空耳ロバさんちには10ニャンズもいらっしゃるのね~。
賑やかで楽しそうです(*´∀`*)

事後報告で申し訳ありませんが、リンクを貼らせていただいております。
不都合がおありでしたら、おっしゃってくださいね。

コメントさせていただく回数は少なくなっちゃうと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
これからも不思議なお話楽しみにしておりま~す。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。
2012.11.24 23:08 | URL | #- [edit]
空耳ロバ says..."Re: ariごろう様"
ariごろう さま

初めましてコメ、ありがとうごさいます。

返信遅くなってごめんなさい。
ブログ引越ししようと試みましたが失敗。
メカ音痴の私には案外むずかしかった・・・
しばらくFC2さんでこのままお世話になります。

リンクありがとうございます。
此方こそこれからもよろしくお願いいたします。


2012.11.27 14:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soramimiroba.blog.fc2.com/tb.php/93-f94f6180
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。